フィトリフトが生まれたのは東大のおかげ?その理由が納得!

フィトリフトが生まれたのは東大のおかげ?なぜ東大と関係あるの?って思いますよね。

実はフィトリフトと東大には密接な関係があるのです。

それはフィトリフトの中に入っている成分フィト発酵エキスにあります。

まずはそのフィト発酵エキスについて説明したいと思います。

フィト発酵エキスとは人の体にある免疫細胞『マクロファージ』を活性化する素材です。このマクロファージが活性化することによりより良い肌を作りあげていきます。

 

東大とフィト発酵エキスの関係

このフィト発酵エキスの元となるマクロファージについて研究していたのが、東京大学名誉教授の水野先生です。そして水野先生から杣(そま)先生へと引き継がれました。

このフィト発酵エキスが生まれたのは東京大学教授の研究から生まれたということです。とても密接な関係ということがわかりましたね。

マクロファージが作用する重要なこと

マクロファージは私たちが思っている以上に体の中で重要な役割を果たしています。

  • 抗がん作用
  • 感染症の予防
  • 新陳代謝の活性化
  • 傷などの治癒

ざっくりあげるとこのような感じですが、このほかにもさまざまな作用があるのがマクロファージです。

 

マクロファージが大切とされる理由に1つ大きな理由があります。それは最も最初に体の中に入ってきた外敵(異物・感染症・悪いとされる菌)を処理する力があります。

このマクロファージが鈍っているとどんどんと体の中に悪い菌が入ってきてしまいます。初期処理をしてくれるマクロファージは私たちの門番といっても過言ではありません。